一人暮らしで生活費が足りない

一人暮らしの生活費 一ヶ月の平均はどれくらい?

一人暮らしを始めてみたものの、これほどまでにお金がかかるとは思っていなかった・・・という人も多いでしょう。
一人暮らしに限らず、毎月必要な生活費のおおまかな内訳は、家賃、光熱費、食費、その他の雑費となりますが、月々固定のものと、毎月変動する費用に分ける事が出来ます。

 

月々固定の生活費としては、家賃が挙げられます。
毎月変動する生活費としては、光熱費、食費、その他の雑貨がそれに当たります。

 

家賃が安ければ、生活費を抑える事が可能になると考えられます。
家賃の相場は場所によっても異なりますが、全国の一人暮らしの社会人の家賃平均は6万5千円となっています。
しかし、この家賃平均6万5千円は都心部の家賃も含まれているので、基本的な考え方は、家賃は手取り収入の 3分の1以下にするのが理想です。
毎月変動する生活費については、実際一人暮らしを始めてみないことにはなかなか想像するのが難しいです。
どのくらい必要かによって趣味等に自由に使えるお金も変わってきますし、仕送りをもらう学生でも足りない分をアルバイトで稼ぐ必要が出てくるかもしれません。

 

一般の一人暮らしの光熱費はどのくらいが平均的なのかと思い調べてみると電気代+ガス代でだいたい6,000円くらいです。それに加えて携帯料金がさらに6000円、インターネットのプロバイダー料金が3000円ほどかかるのが平均のようですね。

 

もちろんあくまで平均ですのでもっと少ない人もいればもっと払っている人もいると思います。
また、オール電化の家ならその分電気代のウェイトが大きくなりますし、また季節によってもエアコンやお風呂の影響で光熱費は大きく変わってきます。
なので平均の金額から少し余裕を見て1万円程度と考えておくのがいいのではないでしょうか。

 

上記の結果から、一人暮らしの生活費の平均は、90,000円+食費20,000円+雑費20,000円となり、約13万位が相場だと考えられます。

 

生活費が足りなくなるとき

一人暮らしを始める前に、もらえるお給料(仕送りやバイト代)と、家賃や生活費を比較しながら、一人暮らしをやっていけるかどうかをシミュレーションしているでしょうし、基本的に赤字だと暮らしていけません。
ところが、給料日の前になると、生活費が足りなくなってしまう事がよくあるとか。
「何でだろう・・・」と思い返してみたところ、原因は「急な出費」
同僚との飲み会や合コン、結婚式のお祝いやお葬式の時の香典などの冠婚葬祭から、車検費用、
彼女へのプレゼントや一緒に旅行に行く時のホテル代など・・・。
人それぞれ、挙げていくとキリがありませんが、「普段ない出費」があった月は極端に生活費が足りなくなります。
まだ給料まで数日あるにもかかわらず、食べるものすら買えなくなったという経験もあるでしょう。

 

それを我慢しながら生活すると仕事にも支障が出ますし、何より体を壊してしまう可能性もあります。
そこで、あともう少しで給料日と言う場合は、キャッシングで5万円ほどのお金を手に入れるようにしましょう。

 

5万円もあれば、食べ物も飲み物も買えますし、レストランや居酒屋に外食に行くことが出来ます。

 

無利息期間を利用して、5万円借りる

無利息期間サービスがあるローン会社でキャッシングすれば、給料日前にお金を借りて、お給料が入るとすぐに返済すれば、一円の利息も取られないのでお得にお金を借りることができます。
たとえ無利息期間を過ぎてしまったとしても、低金利キャッシングなら利息も比較的安いので、途中で返済に行き詰ってしまうようなこともなく安心してお金を借りれます。
親や友人にお金を借りるのは引け目を感じますが、キャッシング会社でお金を借りるのは、いわば向こうもお金を貸すのが仕事ですし、こちらもちゃんと利息を払うわけですから、「キチンと返済できる範囲で借りる」という事ができれば全く問題ないでしょう。